<< 2Tバイト内蔵HDD、ランキングの5割を占める──Crucial製SSDも…

“新生活+利便性”に特化、テーマは「地デジ・音楽・BD・デザイン」──NE… >>

  • 2011.02.02 Wednesday
  • category:- | author:スポンサードリンク | - -
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -| pookmark |
  • 2011.02.02 Wednesday 18:23
  • category:- | author:bigtopics963 | - -
  • 7割が“イイネ!”と賛同した新しい社名──「日本マイクロソフト」始動(+D…

http://tokyo-party.info/
[PR] もう合コンや結婚相談所には行かないで下さい



もしあなたが、
人生をより豊かにする
【出逢いの゛質と量と費用゛を効率化したい】と思うならば…


《ある日私がインターネットで見付けたParty情報ウェブ掲載の交流パーティーに参加する予定だと言うとみんなが笑いました。゛そんなの怪しいし集まり良いか不明だし無駄だろう゛と…。でもそんな彼らを連れて参加してみると---!!》


・それでもあなたは合コンで気に入らない相手メンツに対して無駄な3時間を費やし続けますか?

・それでもあなたは高額な結婚相談サービスに50万円の費用を支払いコンピュータマッチング診断に出逢いを任せ続けますか?

・それでもあなたは参加費1万円の古いスタイルの司会進行型パーティーで意中の相手とは程遠い相手との゛強制的TalkTime゛に時間を割き続けますか?


人生をより豊かにする
【出逢いの゛質と量と費用゛を最大限に効率化したい】と思うあなたへ…
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆不要!! 閲覧会員登録不要!!
◆無料!! オススメParty提案メルマガ無料!!
◆3時間で30〜60人とコミュニケーションが取れる
◆質・量・費用の効率を最大限に重視した
◆FreeStyle200名交流パーティーを多数オススメ掲載!!

【パーティージャーナル】
-Tokyo Party Journal-
〜交流パーティー・イベント・異業種交流会〜
  http://partyjournal.net/
  http://partyjournal.net/m/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

[PR]



7割が“イイネ!”と賛同した新しい社名──「日本マイクロソフト」始動(+D PC USER)

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/zdn_pc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110202-00000014-zdn_pc-sci



 日本マイクロソフトは、2月1日付けで社名を日本マイクロソフトに変更し、あわせて、本社オフィスを品川に移転した(実際の業務開始は2月7日から)。同日行われた記者会見では、同社代表取締役社長の樋口泰行氏から、本社移転によって期待される効果と、社名変更の意義が紹介された。【長浜和也,ITmedia】


【拡大写真や他の紹介写真】


 本社の品川移転では、「5年前から統合したかった」と樋口氏が述べるように、これまで、新宿、代田橋、赤坂、初台、霞が関に分散していた本社機能を1カ所に統合したのが大きなメリットとして紹介された。樋口氏の説明によると、社員が分散するオフィスを行き来する時間とコストを浪費していただけでなく、社員の一体感を育む阻害要因にもなって、社内コミュニケーションも悪くなるなど、分散するオフィスは以前から懸案になっていたと、樋口氏は述べた。



 本社の移転先に品川を選んだ理由として、樋口氏は、NECや富士通、東芝、そして、ソニーをはじめとする、PCやソフトウェア関連企業などの本社が近くにあることを挙げる。また、新幹線の品川駅、国際線も利用できる羽田などの交通の利便性が高くビジネスの中心となる街でマイクロソフトの存在感を出せるのも品川の利点とした。また、品川本社は、ユーザーや顧客に開かれたオフィスであることもアピールしている。ユーザーと顧客を優先するエレベータを2基、専用エレベータを1基設けたほか、30階と31階はユーザーや顧客のためのフロアと位置付け、社員自らがIT技術を利用したワークスタイルを実践しているところを見ることができるようにしている。「最新のワークスタイルを自ら行い、ショールームとなってユーザーに見ていただく」(樋口氏)



 記者会見では、オフィスの30階と31階、そして、社員食堂などが設けられた19階が公開された。ユーザーのためのフロアとされた30階と31階では、30階がコンシューマー向け製品のショールーム、31階がビジネスユーザーのためのショールームという想定でレイアウトされている。30階には、マウスやキーボード、Windows Mobile搭載スマートフォンのショーケースのほか、学校などの体験学習などで利用する“セミナーエリア”が設けられている。



 また、カフェやSOHO、個人宅のリビングを想定したセットでMicrosoft OfficeやモバイルPC、Xboxなどを実際に体験できるセットも用意された。31階では、サテライトオフィスを想定したビデオ会議の紹介や、実際に社員がビデオ会議を行っている状況を“観察”できる。



●グローバルを目指す日本企業を応援したい



 樋口氏は、新しい社名「日本マイクロソフト」のもつ意義についても説明した。“日本”とつけることで、日本の一企業として認められる存在になり、日本社会へ貢献できるという思いを込めたという。樋口氏は以前から、マイクロソフトは日本における親和性を高めて日本に根付く必要があると考えていたという。その考えを、社員やパートナー企業に聞いてみたところ、その7割が同意してくれたという。「これまで、マイクロソフト日本法人と記事で紹介されることがあった。これでは、一時的な出先機関のイメージが。新しい社名でそこをクリアにしたい」(樋口氏)



 樋口氏は、日本マイクロソフトという新しい社名の持つイメージで、日本社会においてさまざまな貢献をしてきたいと述べる。「グローバル標準のプラットフォームに日本的な“味付け”をして国際競争力を高める。グローバルプラットフォームは世界中に普及しているので日本の企業も世界に進出していける。これからは、内需だけでは成長できない。グローバルを意識した日本企業を応援したい」(樋口氏)



 このほかにも、就労支援では国際的に通用するITリテラシーを持つ人材を育成し、規模の競争となりつつあるクラウド事業では、“パートナークラウド”“プライベートクラウド”といった規模だけではない、日本の市場にあったクラウドコンピューティングを展開させるとした上で、「日本の品質は世界でトップレベル。自動車や家電製品で証明されている。ガラパゴスになっていては世界展開はできないが、品質は世界に展開できる。日本マイクロソフトは日本のデバイスベンダーと協力して日本製のハードウェアを世界に展開したい」と、日本企業の世界進出に貢献する同社の考えをアピールした。



 「日本市場の特異性は、“メイド・イン・ジャパン”が重要で、インテグレータがなんでも自分でやってしまうことにある。ただ、そこに特化した“一品物”のガラパゴス化とグローバル市場が求める標準化のバランスがこれからの課題だ。そのいいバランスを一緒に実現していくのが日本マイクロソフトにとってこれからの鍵になる」(樋口氏)





【関連記事】

ARM対応ですべてのデバイスにWindowsを──Microsoft基調講演

“アルマジロ”のような「Arc Touch mouse」を触ってみた

マイクロソフト、年末に向けたプロモーションを紹介

“表裏一体”のアキバでWindows 7の一周年記念――セブン博&感謝祭

Windows 7にしたなら、「Windows Liveも使おう」──“7”発売1周年のMSが新バージョンをデモ

  • 2011.02.02 Wednesday 18:23
  • category:- | author:スポンサードリンク | - -
  • スポンサーサイト
- | -| pookmark |
Comment









Trackback
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
無料ブログ作成サービス JUGEM